なわとび指導の方針と実績

アジアチャンピオン、シルクドソレイユ出演者の粕尾将一(縄のまっちゃん)が直接指導します。

指導歴15年の経験とノウハウ

指導を行う粕尾将一は、なわとびパフォーマーとして2003年からなわとび指導をはじめました。2003年にはアジア大会に初出場で初優勝。2004年に開催された第1回全日本大会でも総合優勝を果たし、日本の縄跳び草創期を支えてきました。

2004年には縄跳びだけで筑波大学体育専門学群に「AC入試(一芸入試)」で合格。表現教育と体育科教育をベースに、縄跳びの指導法の知識を深めました。

また茨城県つくば市で2006年より開催した「まっちゃんのなわとび教室」では、アジアチャンピオンや世界チャンピオンを排出。主指導を離れた今も、日本のなわとび拠点として活動を続けています。

粕尾将一(縄のまっちゃん)のプロフィール

「好き」「楽しい」を基本のすえる

好きこそ物の上手なれ。どんなことでも「好き」の気持ちがなければ上達しません。

レッスンで子供が練習する時間はわずか50分です。この時間だけ集中していても上達はたかが知れています。そこで日常的に縄跳びや運動に親しむ気持と心を育てることで、自発的・積極的に縄跳びや運動に取り組む姿勢を育みます。

自発的に運動に取り組む姿勢が身についた子どもは、大人が言葉をかけずとも勝手に成長していきます。

押し付けや強制ではなく「自ら学ぶ(=自学)」の心を育てることこそが、縄跳びや運動が上達するための秘訣であると考えています。

スクールから全日本チャンピオン・日本代表選手を排出

名古屋なわとびスクールは2016年9月から始動し、同年12月に開催された第12回全日本ロープスキッピング選手権大会に3名の選手が出場しました。

少人数の出場ながら種目別「フリースタイル」で優勝、30秒スピードで3位など、全員が表彰台に登る素晴らしい成績を残してくれました。

また2017年7月に韓国で開催される「Asian Rope Skipping Championships 2017」に1名が日本代表を選出され、愛知県だけでなく世界の舞台で活躍の場を広げています。

更新日:

Copyright© 名古屋なわとび教室 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.