なわとび実力検定

なわとび実力検定とは

8回のジャンプの中で技を組み合わせ、各ワザの難度点の合計で実力を判定する検定です。

なわとび実力検定(かけだし編)は、まえとび連続8回から始まり、誰でもチャレンジできる内容になっています!

なわとび実力検定(アスリート編)は、なわとび選手向けです。今の自分の実力を把握しましょう!

あなたはどのレベルまでクリアできるか!?

なわとび実力検定(かけだし編)

  1. 各級ごとに連続で8つのワザを跳んでいるお手本の動画があります。同じ動きをマネしてみましょう。
  2. お手本通りに跳べるようになったら、その級はクリアです!
  3. 早速、跳んでみましょう!!

動画は下のリンクをクリック!

かけだし

実力検定かけだし編(プリント用)

各級のワザの詳細が見れます。各級をクリックするとお手本動画にもつながります

・上級クリアが、次のなわとび検定(アスリート編)に挑戦への目安となります!!

なわとび実力検定(アスリート編)

  1. 自分で8ワザの組み合わせを考え、実際に跳んでみましょう!
  2. 8ワザを跳んだ映像を撮影し、検定に申し込みましょう。後日、最終点数をお知らせします。
  3. 早速、ハイレベルな選手を目指して、跳んでみましょう!

概要

実力検定の申込方法

  • 検定申請フォームからお申し込みください
  • 検定料金は無料です
  • 検定結果はHP上で公開させていただきます

検定を申し込む

実力検定の結果

  • 結果は7-10日でご登録いただいたメールアドレスに送付させていただきます。
  • 結果は日本なわとびアカデミーの特設ページ公開されます。
  • お名前の入力は実名でなくてもOKです。

検定表(アスリート編)

ワザ別難易度点一覧表

  • 初めての方は、難易度点一覧表を参考に8ワザを組み合わせてみましょう!
  • 詳しいルールが知りたい方は、ルールを参考にしてください。

ワザ別難易度点一覧表(お手本リンク付きpdf)

ルール

実力検定のルール

  1. 連続で8つのワザを跳びます。
  2. それぞれのワザの難易度点を合計した「最終点数」でレベルを判定します。
  3. ワザの難度点は「基礎点」+「加点減点」で決定します。
  4. 判定料は無料です。
  • 前とびも技数としてカウント
  • 同じ技を行った場合は2回目以降は点数はカウントされない
  • ルール外の要素(アクロ・体操など)を行ったとしても加点・減点にはならないが、1技としてカウントされる
  • サイドスイング(S)から始まる技は、地面から足が離れるときにすでにSが半回転以上している場合、回転不足とみなす。
  • 回転不足の場合、Sとその後の動きの2技としてカウントする。
    (例)SOOで回転不足の場合、SとOOの2技
  • 前とびと後ろとびは同じ難易度点とする。
    (例)前のSOOと後ろのSOOは同じ難易度点である。

ワザの難易度点

基礎点

加点要素

クロス(C)
ワザの中にクロス(C)が1つある度に0.25点の加点とする。

例えば、CCC(交差3重跳び)はクロス(C)が3つあるので、0.75点の加点となる。

 

片手制限
ワザの中に片手制限が1つある度に0.5点の加点とする。片手制限とは、トードクルーガE.B、インバーストードなどである。

例えば、TJ(SトードO)は片手制限が1つあるので、0.5点の加点となる。

 

両手制限
ワザの中に両手制限が1つある度に1点の加点とする。両手制限とは、A.SC.LTS、E.Bトード、カブースクロスなどである。

例えば、C.L T.Sは両手制限が2つあるので、2点の加点となる。

 

空中でのクロスクロス
ワザの中に空中でのクロスクロスが1つある度に0.5点の加点とする。

例えば、T.S T.Sのクロスクロス2重は空中でのクロスクロスが1つあるので、0.5点の加点となる。

 

身体の回転
ワザの中に身体の回転が半回転(180°)あるごとに0.5点の加点とする。

例えばEKは、身体の回転が1回転(360°)となるので、1点の加点となる

 

片手制限•両手制限の切り替え
ワザの中に片手制限•両手制限から他の片手制限•両手制限への切り替えが1つある度に1点の加点とする。

例えば、C.L T.Sは両手制限C.Lから両手制限T.Sに1度切り替わるので1点の加点とする。

ワザの中に片手制限•両手制限から片手制限•両手制限以外の動き(O、C、S、リリースなど)を経て、再び片手制限•両手制限へ切り替わる動きが1つある度に1点の加点とする。

例えば、T.S O T.S O T.Sは上記説明の動きが2度あるため2点の加点とする。

 

空中でのリリース
ワザの中に空中でのリリースが1つある度に1.5点の加点とする。

例えば、O Micリリース Oは空中でのリリースが1つあるので1.5点の加点となる。

 

減点要素

サイドスイング(S)始まり
サイドスイング(S)から始まるワザは全て0.5点の減点とする。

例えば、TJ(SトードO)はサイドスイング(S)から始まるワザなので0.5点の減点とする。

加点減点の出し方

上記で説明した各要素を全て足し合わせた合計がそのワザの「加点減点」となる。

  • 例1
    TJ(SトードO) は、サイドスイング(S) 始まりで0.5点の減点となる。また、片手制限のトードが1つあるので0.5点の加点となる。結果、加点減点得点は0点となる。
  • 例2
    C.L T.Sは、両手制限が2つあるので2点の加点となる。また、両手制限の切り替えが1回あるので1点の加点となる。結果、加点減点得点は3点となる。

難易度点の出し方

「基礎点」+「加点減点」がそのワザの難易度点となる。

  • 例1
    TJ(SトードO) は、3重跳び系のワザで基礎点は3点である。また、加点減点は0点である。
    結果、難易度点は3点となる。
  • 例2
    C.L T.Sは、2重跳び系のワザで基礎点は2点である。また、加点減点は3点である。結果、難易度点は5点となる。

ワザの難易度点の点数例

その他の難易度点例

ワザのお手本もみれます

最終点数

8ワザそれぞれのワザの難易度点を合計した「最終点数」でレベルを判定します。